高瀬露のプロフィール




全集より・1 この女性を今まで多くの人は「内村康江」なる仮名を使っていたが、校本全集第十四巻の年譜 (一九二七<昭和二>年の条)の註には次のように記してある。 高瀬露(一九〇一(明治三十四)一二・二九 一九七〇(昭和四五)二・二三)は 湯口村鍋倉の宝閑小学校教師。妹タキも同じ学校に勤めたことがある。 一九二四、五(大正一三、四)年ころ、農会主催の講習会がたびたびあり、 農学職員が同小学校で農民を指導したので、賢治と顔見知りであった上、 花巻高女音楽室で土曜午後にしばしば行われていた音楽愛好者の集いに出席していた。 この集まりは藤原嘉藤治(独身で若い女性のあこがれだった)を中心に演奏をし、 レコードを鑑賞し、音楽論をたたかわす楽しい会で、賢治は授業がすむと必ず現われ、藤原とのやりとりで女性たちを興がらせた。 賢治が独居自炊をはじめた下根子桜の近く、向小路に住んでいた関係もあり、洗濯物や買物の世話を申し出たという。 クリスチャンで教育者であり、明るく率直な人柄だったので、羅須地人協会に女性のいないこともあり、 劇のけいこなどには欠かせない人であった。(中略)しかし彼女の情熱が高まると共に賢治の拒否するところとなった。 顔に墨を塗って「私はライ病ですから」といい、高瀬はあまりの仕打ちに同級生であった関徳弥(登久也)夫人に訴え、 それを知って関家に釈明にいき、父から説教を喰う結果となった。 彼女との関係、立場などは書簡下書(書簡252a〜c、本巻二八頁〜三五頁)で察することができる。 高瀬は後幸福な結婚をした。 [小倉豊文・宮沢賢治「雨ニモ負ケズ手帳」研究」P103〜P104より・1996年] 全集より・2 高瀬露(一九〇一<明治三十四>年一二月二九日生、一九七〇<昭和四五>年二月二三日没)は 当時湯口村鍋倉の宝閑小学校訓導。妹タキも同じ学校に勤めたことがある。 一九二四、五(大正一三、四)年ころ、農会主催の講習会がたびたびあり、 農学職員が同小学校で農民を指導したので、賢治と顔見知りであった上、 花巻高女音楽室で土曜午後にしばしば行われていた音楽愛好者の集いに出席していた。 この集まりは藤原嘉藤治(独身で若い女性のあこがれだった)を中心に演奏をし、 レコードを鑑賞し、音楽論をたたかわす楽しい会で、賢治は授業がすむと必ず現われ、藤原とのやりとりで女性たちを面白がらせた。 賢治が独居自炊をはじめた下根子桜の近く、向小路に住んでいた関係もあり、洗濯物や買物の世話を申し出たという。 クリスチャンで教育者であり、明るく率直な人柄だったので、羅須地人協会に女性のいないこともあり、 劇のけいこなどには欠かせない人であった。 弟清六の話では、白系ロシア人のパン屋がきたとき、レコードをきかせるために協会へ案内すると、 先客に高瀬がおり、四人でリムスキー・コルサコフやチャイコフスキーを聞いた。 ロシア人は「おお、国の人」と感激し、そのあと高瀬はオルガンをひいてロシア人はハミングで讃美歌を歌い、 メロディーとオルガンがよく合うその不思議な調べを兄と共にじっと聞いたという(森『肖像』二百三十六頁)しかし彼女の情熱が高まると共に賢治の拒否するところとなった。 彼女との関係、立場などは書簡下書(書簡252a〜c、本巻二八頁〜三五頁)で察することができる。 高瀬は後幸福な結婚(小笠原と改姓)をした。 戦前は小学校訓導、戦後は小学校養護教諭として、昭和三十五年の退職まで長らく教育者としての生涯を送った。 なお、「イーハトーヴォ」四号(昭和一五年二月二一日)および一〇号(昭和一五年九月二一日)に、 高瀬の短歌「賢治先生の例に捧ぐ」(〔推定〕)「賢治の集ひ」と執筆者紹介記事が掲載されている。 [筑摩書房「【新】校本宮澤賢治全集 第十六巻(下)補遺・資料 年譜篇」より・2001年] 「イーハトーヴォ」第四号より 本資料は、同号掲載の「執筆者紹介」欄の「○露草氏 曾つて賢治に師事せし人、岩手上閉伊にあり」および 「喜捨芳名」欄の「(上閉伊郡附馬牛村)小笠原露」により、露草は、小笠原露と推定する。 なお、『校本宮澤賢治全集』第十四巻に収録の高瀬露に関する「受信人索引」について、若干補記する。 「出身は稗貫郡根子村向小路」とあるが、これは宝閑小学校在職時の住所で、 詳しくは、「稗貫郡花巻町向小路二七番地」(現花巻市湯口小学校保存、教員台帳より)。 岩手県士族、大五郎二女。 [奥田弘・「宮沢賢治研究資料探索」P44より・2001年] 「イーハトーヴォ」第十号より 「小笠原」は結婚改姓。同号「執筆者紹介」欄に「○小笠原露子氏 岩手遠野小学校奉職、賢治の教へを受く。」とある。 また、同号「各地ニュース」欄に「□遠野町青年団主催、銃後文芸後援会が八月三十一日夜七時に同町小学校行動に於て開催され、 菅野義之助、高橋康文、小田島孤舟、松本政治氏(ママ)、昆弓雄、古館霄一、吉田正夫、山田三郎八講師と共に 本誌主宰菊池暁輝氏も参加「(ママ)賢治略歴と、詩作品『橋場線七つ森下を過ぐ』『稲作挿話』『原体剣舞連』『松の針』等朗読、 『牧歌』『精神歌』『ポランの広場』『イギリス海岸』『星めぐりの歌』の独唱があった。」および 「□翌九月一日は午後一時より前記小学校図書室にて菊池暁輝氏を中心に、 同校先生にして賢治生前教をうけた小笠原露先生及び阿部さちえ、加藤将、菊池の諸先生、 花巻農学校時代の教へ子遠野青年学校教師小原武治、青笹青年学校教師浅沼政規氏等と賢治の集ひが催され、 賢治の理念、思ひ出、新しき時代に就いて静かに語られ、また詩を朗読し、 賢治作品を歌ひ楽しい会合であった。」の記事が掲載されている。 [奥田弘・「宮沢賢治研究資料探索」P45より・2001年] 「宮沢賢治の手紙」より 高瀬露は明治三十四年十二月生、賢治より五歳下で、次妹シゲと同じ年、大正七年花巻高女卒業、 すぐに准教員の資格を取り、教職に就いたのであろう、大正十二年九月には正教員となり、稗貫郡湯口村宝閑小学校に勤める。 同校大正十三年の学校一覧を見ると、児童は男八八、女八五の計一七三名で、それを校長、年輩の男先生、 若い女先生即ち高瀬の三人で受持ち、複式学級で、彼女はずっと一、二年を受持っている。 校務は校長が庶務、男先生が教務、女先生が衛生を担当、現在でいえば養護教諭を兼ねていた。 月給はこの時三八円で、大正十五年に四三円、昭和三年には四五円になった。 そして昭和七年に上閉伊郡上郷小学校へ転任した。 それまでは家は向小路だから羅須地人協会の近くだが、学校は遠かった。 馬車などはなかったろうから自転車かたぶん徒歩で通勤したのだろう。 『日本文学アルバム』では、「藤原嘉藤治をめぐる音楽愛好者の集まりに出ていた」とあるので 音楽の好きな、低学年向きのやさしい先生だったろうが、どんな印象か、教わった子供たちに聞いてみたい気がする。 遠野市上郷小学校の校長高J.T氏が、当時の卒業生のK.Oさんの話を聞いて報じて下さった。 ――五、六年生の時、裁縫と唱歌を教わった。やさしく物静かな先生で、いつもきれいな着物を着ていた。 おなかが大きく授業中にいねむりをしていたこともあった、という。 わたし(米田)も、スキー場の賄いをしている、昭和九年の卒業生で七四歳のK.Oさんを訪ねた。 ――色の白い、ひたいつきなど歌手の藤あや子そっくりのきれいな先生で、語れば朗らかな人だけれど、 泣きたいような顔をする時もあったのす、なんとなく悲しいことがあるようだったんす、 あとで考えると、昭和八年に宮沢賢治が亡くなった、その頃だったんだべか、と言う。 [米田利昭・「宮沢賢治の手紙」P230〜P231より・1995年]